大事な着物を新たなスタイルで楽しめるリメイクの魅力とは

着物を衣類にリメイクしよう!

成人式に買ってもらった振袖や、祖母や母親から譲り受けた着物。袖を通す機会がなくなっても、大事な着物は手放しがたいものですよね。思い出の詰まった着物を新たに活用する方法として注目を集めているのが、着物のリメイク、リフォームです。好きな柄の着物を自分の生活に馴染む物に作り直すことで、いつでも身近に置いておくことができますよ。

着物でリメイクできる物は幅広く、ブラウスやスカート、ワンピースといった衣類のほか、様々な小物類にリメイクすることもできます。

着物地ならではの着心地の良さを引き出したいなら、衣類へのリメイクがおすすめです。できる限りハサミを入れずに、着物本来の形を生かしてリメイクする方法もあります。

小物へのリメイクもおすすめ!

小物類へのリメイクでは、バッグやポーチといった実用性の高い物にしたり、季節の置物やタペストリーを作ってインテリアのアクセントにしたりできます。

サイズが小さな物にリメイクする場合には、着物地の一部に傷や汚れなどが生じていても、綺麗な状態で残っている部分だけを選んで使えるところが嬉しいですね。お気に入りの柄が目立つように裁断して作ると、より愛着の湧く素敵な物が作れます。

パッチワークの手法を使うと、複数の着物地を組み合わせて、自分なりのセンスで作ることができて楽しいですよ。初心者でも挑戦しやすい簡単な手順を紹介している手芸本も多数販売されているので、参考にしましょう。

大事な着物を眠らせたままにせずに、新たな活用法を考えてみて下さいね。

着物の買取が脚光を浴びているのは、それだけ多くの人の関心が寄せられているからです。帯や長襦袢、振袖などが思いもよらない高値で買取られることもあります。